2022-06-27

PLAN75

映画を観てきたよ😊

75歳以上が自ら生死を選択できる制度が施行された近未来の日本を舞台に、その制度に翻弄される人々の行く末を描く。少子高齢化が一層進んだ近い将来の日本。満75歳から生死の選択権を与える制度「プラン75」が国会で可決・施行され、当初は様々な議論を呼んだものの、超高齢化社会の問題解決策として世間に受け入れらた。

夫と死別し、ひとり静かに暮らす78歳の角谷ミチ(倍賞千恵子)は、ホテルの客室清掃員として働いていたが、ある日突然、高齢を理由に解雇されてしまう。住む場所も失いそうになった彼女は、「プラン75」の申請を検討し始める。

一方、市役所の「プラン75」申請窓口で働くヒロム(磯村勇斗)や、死を選んだお年寄りにその日が来るまでサポートするコールセンタースタッフの瑶子らは、「プラン75」という制度の在り方に疑問を抱くようになる。

 

 

 

 

 

 

半分以上の席は埋まり、

驚いたことにそのほとんどが高齢者だった。

どんな気持ちでこの映画を見るんだろう。

 

 

 

センセーショナルな内容だけど

俳優陣の圧倒的な演技力で

「死」を「生」を深く考えさせられた。

 

 

 

「自分の命は自分のもの」だと思っていたけど

もし、

家族がこれを選択したら、果たして受け入れることは出来るのだろうか。

 

 

 

ただひとつだけ言えるのは。

 

私たちはまだ若く出来ることが多くある。

 

もしも、いつかに悔いることのないように

「今をちゃんと生ききる」ことが大事なはず。

それは間違いないはず。

 

 

ずーーーんとした重たい気持ちになりながら、

帰りの車中でそう考えた。

 

 

シアターシエマ近くに

美味しいドーナツ屋さんが出来てたよ。

 

たまには映画でも🎬

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Call Now Button